子供 女子 少女 男子 少年 青少年育成 キッズ ジュニア 幼稚園 保育園 小学生 中学生 高校生 大学生 社会人 少年部 一般部 フルコンタクト空手 大阪 新極真 新極真カラテ 新極真空手 東大阪 極真 空手 習い事 若江岩田 道場 近鉄 近鉄奈良線 河内花園 八戸の里 東花園 布施 東大阪市 空手教室 空手塾 空手練習方法 東大阪市菱江 東大阪市玉川 東大阪市岩田 東大阪市英田 東大阪市花園 東大阪市玉美 東大阪市意岐部 東大阪市御厨 東大阪市吉田 フルコン 無料体験 新規会員 募集 武道 格闘技 護身 常設 道場

 

 極真空手とは
NPO法人 全世界空手道連盟 新極真会 代表 緑 健児
ごあいさつ

極真空手は、故大山倍達総裁が心血を注いで創り上げた日本が世界に誇る精神的文化遺産です。

 

大山総裁が遺された「頭は低く目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」という言葉は極真の真髄を表しています。


我々は総裁の意思を受け継ぎ、「新極真会」を立ち上げました。


「青少年育成」「国際交流」「社会貢献」を使命とし、武士道精神・武道空手の世界的普及を目指します。


我々は極真空手の誇りと精神を継承し、日々精進を重ねてまいります。


又、NPOとして、健全な法人活動を促進させ、世界の平和に貢献していきたいと考えています。

NPO法人 全世界空手道連盟 新極真会
代表 緑 健児

緑健児 PROFILE 略歴


1962年4月18日生まれ。鹿児島県奄美大島出身。


1978年に上京し、国際空手道連盟極真会館に入門。

    軽量級選手として活躍し、第2、4、7回ウエイト制大会軽量級を制す。


1991年には日本代表選手として第5回世界大会に出場。

    165cm、70kgの体格ながら巨漢海外勢が多数エントリーする中、

    過酷な闘いを制し、軽量級選手として史上初の無差別級王者となった。

 

現役を引退後は、故郷奄美と福岡県で後進の指導に当たる。

 

2000年NPO法人極真会館の代表理事に就任。

 

2001年IKO(全世界)の会長に就任。

 

2003年組織名称をNPO法人全世界空手道連盟新極真会に刷新。

 

現在新極真会を統括し、骨髄バンクチャリティーや献血 など、社会貢献にも力を注いでいる。

道 場 訓

一、吾々は心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること
(ひとつ、われわれは、しんしんをれんまし、かっこふばつのしんぎをきわめること)

私達が空手を修行する目的は、自分自身の体と心を鍛えることにあります。真剣に稽古に打ち込むことでどんなことにも動じない不動心、強い意思といったものを習得していかなければならない。

一、吾々は武の神髄を極め機に発し感に敏なること
(ひとつ、われわれは、ぶのしんずいをきわめ、きにはっしかんにびんなること)

私達は武道として空手の道を徹底的に追求していくことで、どんな状況でも臨機応変に対応する力と相手の心を理解する思いやりや優しさ、どんなことにも素直に感動できる心を身につけなければならない。

一、吾々は質実剛健を以って克己の精神を涵養すること
(ひとつ、われわれは、しつじつごうけんをもってじこのせいしんをかんようすること)

私達は自分を飾ることなく、真面目で素直に空手の修行に 打ち込むことによって、自分自身に打ち勝つ、強い心を養っていくことを心がけなければならない。

一、吾々は礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと
(ひとつ、われわれは、れいせつをおもんじ、ちょうじょうをけいしそぼうのふるまいをつつしむこと)

私達は礼儀を身につけ、 目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。

一、吾々は神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること
(ひとつ、われわれは、しんぶつをとおとびけんじょうのびとくをわすれざること)

私達は人間の力の及ばない自然や宇宙の摂理を重んじ、神や仏を敬い、相手の事を大切にし、自分を謙遜する態度を忘れてはならない。

一、吾々は智性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること
(ひとつ、われわれは、ちせいとたいりょくとをこうじょうさせ、ことにのぞんであやまたざること)

私達は空手の修行によって、ただ肉体を鍛えさえすればいいというものではなく、知性と体力をともに向上させなければなりません。それによってどんな状況でも焦らず、冷静に対処することが出来るようになるのです。

一、吾々は生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること
(ひとつ、われわれは、しょうがいのしゅぎょうをからてのみちにつうじ、きょくしんのみちをまっとうすること)

武道として空手の修行は一生かけて追い求めるものです。 一生を通じて極意に一歩でも近づこうとする姿勢、それが極真空手の本義なのです。 道場訓は「空手の修業は自分自身の心と体を磨き上げる事こそが最終目的である。

このページのTOPへ